このページの本文へ移動

概要

本ICは、さまざまなCPUシステムやその他のロジックシステムにおいて、電源投入時や電源瞬断時に電源電圧を検出し、システムにリセットをかけるICです。外付けコンデンサ容量で、遅延時間の設定が可能です。
コンデンサの充電方式には、電流源タイプを採用しています。電流源は温度変動を低減しており、遅延時間tdの温度変動はtd typ. ±6%(Ta=-40℃~105℃)で、動作温度範囲の広いセットに最適です。

用途

・CPU、MPUのリセット回路
・ロジック回路のリセット回路
・バッテリ電圧チェック回路
・バックアップ回路の切り替え回路
・レベル検出回路

特長

低消費電流
解除遅延時間温度変動低減

主な仕様

絶対最大
定格
[V]
推奨動作電圧
Min.
[V]
推奨動作電圧
Max.
[V]
検出電圧
Min.
[V]
検出電圧
Max.
[V]
検出電圧精度
[%]
消費電流
[μA]
解除遅延時間 出力形式 出力論理 センス分離 マニュアルリセット 回路構成 動作周囲温度
Min.
[℃]
動作周囲温度
Max.
[℃]
ヒステリシス電圧
Typ.
[V]
遅延端子充電電流
Typ.
[nA]
遅延端子しきい値電圧
Typ.
7.0 0.95 6.50 1.6 5.2 ±1 0.35 可変 CMOS Active L No No 1ch Reset -40 105 VTH(Typ.)×0.05 100 VDD×0.5
絶対最大
定格
[V]
推奨動作電圧
Min.
[V]
推奨動作電圧
Max.
[V]
検出電圧
Min.
[V]
検出電圧
Max.
[V]
検出電圧精度
[%]
消費電流
[μA]
7.0 0.95 6.50 1.6 5.2 ±1 0.35
解除遅延時間 出力形式 出力論理 センス分離 マニュアルリセット 回路構成
可変 CMOS Active L No No 1ch Reset
動作周囲温度
Min.
[℃]
動作周囲温度
Max.
[℃]
ヒステリシス電圧
Typ.
[V]
遅延端子充電電流
Typ.
[nA]
-40 105 VTH(Typ.)×0.05 100
遅延端子しきい値電圧
Typ.
VDD×0.5

パッケージ

ダウンロード

関連データ

Page Top