このページの本文へ移動
ハイブリッドステッピングモーター レゾルバ(角度センサ)付タイプ

R23KM

特長

高負荷・高加減速でもモーターが止まらない「脱調レス」を実現し、20万P/Rと非常に高分解のため、とてもなめらかな動作を提供します。
またレゾルバのシンプルな構造は耐環境性へも貢献。堅牢なつくりは熱やホコリ、衝撃や振動などの厳しい環境においても非常に安定した精度でのモーター駆動を支えます。

レゾルバサーボ制御によるメリット

1. 高トルク特性:サーボ制御で脱調マージンが不要

レゾルバによるサーボ制御により脱調マージンが不要になり、使用可能トルクを最大限に引き出すことができます。対既存品実用トルク比は、2~3倍にアップします。

2. 低消費電流・低発熱:必要最低限の電流でトルク制御

必要最小限の電流でトルク制御をするため、消費電力が小さくなり待機時の電流カットも可能です。お客様の装置全体の省エネ設計に貢献します。

3. 高精度:分解能20万P/Rを実現

分解能20万P/Rを実現し、高度な繰り返し位置精度や非常になめらかな駆動を提供します。

4. 耐環境性:ホコリや油、熱、衝撃や振動の外乱に強い

レゾルバの構造はシンプルで、ホコリや油、熱、衝撃や振動といった外乱に強いことも特長です。

5. 小型化:脱調レスで、トルクマージン不要

脱調レスなため、トルクマージンが不要に。モーターサイズの小型化につながります。

6. 部品点数削減に貢献:ギアレス、冷却対策簡素化、振動対策簡素化

ギア(減速機)レス、冷却対策の簡素化、振動対策(ダンパー)の簡素化ができます。コスト削減と装置全体の省スペース設計へ貢献します。

7. 低騒音・低振動:負荷に応じた駆動制御

負荷に応じた駆動制御ができるため、騒音や振動を最小限に抑えることができます。

外観

外観図

結線表

相(PHASE) A A COM A/ B B COM B/
ピン番号(PIN NO.) 3 - 1 4 - 6

結線図

仕様

型式 外径
[mm]
モーター長
[mm]
ステップ角
[°]
ドライブ方式 定格電流
[A]
巻線抵抗
[ohms]
ホールディングトルク
[mN・m]
インダクタンス
[mH]
ロータイナーシャ
[g・cm2]
ディテントトルク
[mN・m]
質量
[g]

トルク・スピード特性

ご案内

レゾルバ(角度センサ)付きステッピングモーターの制御には、ルネサスエレクトロニクス株式会社のデジタルコンバーター(RDC) および制御ドライバソフトが必要です。
詳細は、以下リンクをご覧ください。

関連データ

お問い合わせ

各種製品に関するお問い合わせや技術的なご質問、各種資料のお取り寄せなど、各製品担当者がお答えいたします。

ミネベアミツミの技術情報やイベント情報をはじめ、お役立ち情報をお届けします

Page Top

サポート・お問い合わせ
製品に関する各種ご相談は、お気軽にお問い合わせください。