このページの本文へ移動
トルク変換器 ロータリートランスフォーマー方式トルク変換器

トルク変換器 TMNR-MEシリーズ

外観

■ TMNR-*ME型トルク変換器は、ダブル軸受け採用により静止軸から高速回転軸までトルク測定ができる検出器です。軸受部をダブルにすることにより、ラジアル、スラストとも標準品(TMNR型)と比較して強度が高く、プロペラシャフト等と直接カップリングが可能です。尚、滴下潤滑油方式を標準としていますので重い負荷のかかるトルク測定も可能です。(グリース潤滑方式の場合にはお問い合わせください。)
■ 高性能ロータリトランスフォーマー採用の為、トルク測定のみでなく計装制御分野、例えば自動車用テストスタンド等に使用可能です。
■ 回転検出器(別売品)を取り付けることにより、回転数が計測できますので、原動機出力等の馬力計測も行うことが可能です。

仕様

仕様名 仕様内容
定格容量 ±500 N・m~±5kN・m
許容過負荷 120 %R.C.
限界過負荷 200 %R.C.
定格出力 1.6 mV/V±0.32 mV/V
検量精度 ±0.2 %R.O. (但し、弊社製トランスミッタターCSA-561Bとの組み合せの場合)(非直線性、ヒステリシス、繰り返し性含む)
推奨印加電圧 4 VAC
絶縁抵抗 500 MΩ 以上(DC50 V)(ブリッジ~本体間)
許容温度範囲 0 ℃~90 ℃ (但し、使用温度範囲は0℃~40 ℃)
零点の温度影響 0.1 %R.O./10 ℃
出力の温度影響 0.1 %LOAD/10 ℃
回転による零点の変動 0.2 %R.O.
回転による温度上昇 40 ℃以下/最高回転数にて(グリース潤滑時)、ダブル軸受側 60 ℃、シングル軸受側 40 ℃以下/最高回転数にて(滴下潤滑時)
ケーブル φ10、4 芯シールド付 (型式:CAC-160-※M)両端コネクタ付 (ケーブルは10 m、20 m、30 m より指定)
コネクタ 1108-12A10-7M10.0、PRC03-12A10-7M10.5
保護等級 IP40相当
回転検出器用歯車(内蔵) S45C黒染め、

型式一覧

型式 定格容量
[N・m]
定格容量
[kN・m]
定格出力
[mV/V]
定格出力誤差
[mV/V]
最高回転数
[rpm]
回転による零点の変動 (ノイズ)
[%R.O.p-p]
回転による軸受温度上昇差/最高回転数にて
[℃]
機械特性
慣性モーメント
[kg・cm²]
機械特性
ねじり剛性
[kN・m/rad]
機械特性
ねじり固有振動数
[KHz]
機械特性
定格負荷時の ねじれ角度
[°]
機械特性
静的 許容軸端荷重
[N]
ケーブル コネクタ型式 回転検出器用歯車(内蔵) 質量(約)
[kg]
CADデータ[DXF] 3D CADデータ[STEP]

関連仕様書

製品仕様書
回転検出器 RPM

取扱説明書

仕様書

別売品

  • 回転検出器(MP-981)
  • 回転検出器ケーブル(MX-705)

お問い合わせ

各種製品に関するお問い合わせや技術的なご質問、各種資料のお取り寄せなど、各製品担当者がお答えいたします。

テクニカルサポートフリーダイヤル

センシングデバイス製品の技術的なサポートが必要な際は、以下のフリーダイヤルにお電話ください。

0120-950008

受付時間:09:00~12:00、13:00 ~ 16:45 |土日・祝日・年末年始、及び弊社休日を除きます

ミネベアミツミの技術情報やイベント情報をはじめ、お役立ち情報をお届けします

Page Top

サポート・お問い合わせ
製品に関する各種ご相談は、お気軽にお問い合わせください。